[自主訓練]第二回 7MHz帯の伝搬実験

災害時の非常通信を想定し7MHz帯の伝搬実験、第二回目を行います。

(参考:第一回 伝搬実験報告)

名張ARCの皆様、お手伝いをお願いします。

一般の皆様は、通常交信形式ですので普通に応答を戴けると有り難いです。
合わせて、JCC/JCGナンバーを知らせていただきますと、統計考察に助かります。
宜しくお願いいたします。

概要

いつ発生するか分からない「東南海大地震」に代表される災害に備え、アマチュア無線家が出来る社会貢献の一つに非常通信があります。
愛好家の中ではある程度周知のことではありますが、国内の中長距離通信には7MHz帯の電波がよく使用されます。
ここではこの7MHz帯の電波を用い、時間ごとに通信できる地域や、逆に通信できない時間帯などを想定します。
電波の伝搬特性には、季節による特性変化と、時間による特性変化がありますので、今回の結果だけが全てではありません。
今後も季節性の変動要素も検証していくことが望ましいでしょう。

伝搬実験設備

名張アマチュア無線クラブ所有の7MHz帯の送受信できるトランシーバーを使用します。
非常時を模して、電源は鉛蓄電池と太陽光発電モジュールを使用します。
センター機能になるだろう名張市役所屋上をお借り致します。
アンテナは設置用意且つ落下防止の観点からも、簡単なEndFedアンテナとします。

伝搬実験日

2017年12月17日(日曜日) 運用時間 9:00~17:00 予定
(準備のため、8:30頃から17:30頃まで屋上使用)

試験方法

通常交信形式

【11月18日実施】平成29年度名張市総合防災訓練

名張アマチュア無線クラブは、名張市と「災害時の情報収集に関する協定」を結んでおり、H29年度名張市総合防災訓練に參加します。

名張市防災センターに併設される名張アマチュア無線クラブ局が訓練キー局を運用します。

名張アマチュア無線クラブ員で無い一般局からのご参加も歓迎致します。

是非訓練にご参加をお願いします。

運用キー局コールサイン
JE2YCR/2

運用周波数
① 145.280MHz FM  
② 名張430 D-starリピーター

運用時間
2017年11月18日(土) 9:00 ~ 10:30(予定)
      名張430 D-starリピーターはインターネット接続されましたので、多方面からのチェックインを受付致します。

電文
一般交信形式としますので、「くんれん」前置はありません。
・RSレポート
・運用地
・名前
・送信出力、アンテナ等の環境情報


訓練実施結果

2016年11月18日(土) 09:00から11:00まで、145.280MHz/FMと名張430 D-starリピーターにて運用を行いました。
(JE2YCR/2 移動場所 名張市鴻之台
 144MHz帯/FM 出力10W 2Fベランダから5/8λGP 鉛バッテリー運用 OP:JR2TDB
 430MHz帯/DV 出力0.1W via名張430 D-starリピーター 鉛バッテリー運用 OP:JR2SEY)

参加局数のべ26局
うち、Dstarインターネットゲートウェイ接続により、市外との交信が可能となったことが災害時の情報連携に役立つでょう。
・三重県多気郡、京都市、大阪府高槻市、岩手県盛岡市、滋賀県の局と交信ました。

  以上。

【11月5日実施】平成29年度三重県総合防災訓練

名張アマチュア無線クラブは、JARL三重県支部の登録クラブとして、H29年度三重県総合防災訓練に參加しました。

運用キー局コールサイン
JE2YCR

運用周波数
・145.280MHz FM
・名張430 JP2YHO Dstar

運用時間
2017年11月5日(日) 09:30 ~ 09:45 (ローカル向け 145.280MHz/FM)
2017年11月5日(日) 09:45 ~ 10:00 (ローカル向け 名張430 JP2YHO Dstar)
10:00  (最終集約局への伝達 145.560MHz/FM)

電文
※本年は一般交信形式です。
・RSレポート
・運用地
・名前
・送信出力、アンテナ等の環境情報



訓練実施結果

(JE2YCR 常置場所 名張市 出力20W 18mH GP 鉛バッテリー運用 OP:JR2SEY)

参加局数 144MHz帯/FM 8局
参加局数 名張430 JP2YHO Dstar 7局

集約結果連携
10:15 三重県庁設置のJF2ZVO/2局へ144MHz帯FMにて情報連携完了 以上。

[地震]メキシコ M8.1 2017-09-08 13:49JST

日本時間8日午後1時49分ごろ、メキシコ南部沖の太平洋を震源とする強い地震がありました。

メキシコはIARUのリージョン2です。
遠いので非常通信に妨害することも少ないでしょうが、念のためご注意願います。

Emergency Center of Activity 3985 kHz
R2 Emergency Center of Activity 7060 kHz
Global Emergency Center of Activity 14300 kHz
Global Emergency Center of Activity 18160 kHz
Global Emergency Center of Activity 21360 kHz

IARU リージョン2 ホームページ

追記:2017年9月9日22時
2017年9月8日(金)13時49分(日本時間)ごろメキシコで発生したM8クラスの巨大地震により、多数の死者や被害が報告されている。そうした中、Federacion Mexicana de Radio Experimentadores(FMRE/メキシコアマチュア無線協会)では「アマチュア無線による非常通信が行われ、使用する周波数をクリアにしてほしい」と呼びかけている。
メキシコアマチュア無線協会(FMRE)の全国緊急ネットでは、おもに7.060MHzで行われ、3.690MHzも使用することもあるかもしれないと伝えている。

また、隣国のグアテマラでは7.075MHzを、中米ネットワークでは7.090MHzと、それぞれの周波数をクリアしてほしいと呼びかけている。

[自主訓練]7MHz帯の伝搬実験

災害時の非常通信を想定し7MHz帯の伝搬実験を行います。

名張ARCの皆様、お手伝いをお願いします。

一般の皆様は、通常交信形式ですので普通に応答を戴けると有り難いです。
合わせて、JCC/JCGナンバーを知らせていただきますと、統計考察に助かります。
宜しくお願いいたします。

概要

いつ発生するか分からない「東南海大地震」に代表される災害に備え、アマチュア無線家が出来る社会貢献の一つに非常通信があります。
愛好家の中ではある程度周知のことではありますが、国内の中長距離通信には7MHz帯の電波がよく使用されます。
ここではこの7MHz帯の電波を用い、時間ごとに通信できる地域や、逆に通信できない時間帯などを想定します。
電波の伝搬特性には、季節による特性変化と、時間による特性変化がありますので、今回の結果だけが全てではありません。
今後も季節性の変動要素も検証していくことが望ましいでしょう。

伝搬実験設備

名張アマチュア無線クラブ所有の7MHz帯の送受信できるトランシーバーを使用します。
非常時を模して、電源は鉛蓄電池と太陽光発電モジュールを使用します。
センター機能になるだろう名張市役所屋上をお借り致します。
アンテナは設置用意且つ落下防止の観点からも、簡単なEndFedアンテナとします。

伝搬実験日

2017年9月16日(土曜日) 運用時間 9:00~17:00 予定
(準備のため、8:30頃から17:30頃まで屋上使用)

試験方法

通常交信形式

アウトプット

感想
・総じて、そんなに強力でなかった。
・お昼頃のコンディションダウンは予想どおりだったが、昼過ぎに少し調子良くなったが、フェーシングも多く不安定だった。
・夕方に再びコンディションダウンしたが、16時頃から良くなってきた。
・2,3エリアはサッパリ不調で、近距離通信はほぼ不可能だと言える。
・不安定要素の多い電離層反射通信であっても、200km~600km程度の中距離通信の調子がいいことが分かる。
・今後季節変動を追試験で探っていきたい。

集計表

市役所庁舎屋上へのアンテナ設置計画

運用風景

[防災啓発]非常通信周波数

2017年7月上旬には、九州北部地域での豪雨災害がありました。
さらに、7月下旬になり東北地域で河川氾濫の水害が発生しています。

被災された皆様にはお見舞い申し上げます。

さて阪神淡路大震災、東日本大震災でもアマチュア無線による非常通信が行われたことはご存知のこと。

名張アマチュア無線クラブメンバーの皆様におかれましては、非常通信用の周波数を再度ご確認戴きまして、迷惑を掛けないマナーある運用をお願いします。

非常通信周波数(一部抜粋):

総務省で設定されている非常通信周波数(+JARL制定)
3,535kHz SSB/CW
4,630kHz CW
7,050kHz SSB/CW
14,300kHz SSB/CW

国際アマチュア無線連合で設定されている非常通信周波数
3,600kHz All Modes
7,110kHz All Modes
14,300kHz All Modes

特に7MHz帯バンドは国内通信によく使用されます。

7,050kHz付近と7,110kHz付近の2波は運用に(呼びに回る時も)ご注意願います。

参考:
総務省発行の非常通信確保のためのガイド・マニュアル

JARL発行のアマチュア局の非常通信マニュアル

[地震]アリューシャン列島 M7.8 2017-07-18 08:34JST

日本時間18日 午前8時34分ごろ、アリューシャン列島ロシアコマンドル諸島でM7.8の地震がありました。

ロシアはIARUのリージョン1です。
アマチュアバンドの非常通信周波数を使用されることもあると思いますので、妨害にならないようご注意を。

3,760 kHz – Region 1 Emergency Centre of Activity
All modes, 7,110 kHz – Region 1 Emergency Centre of Activity
All modes, 14,300 kHz – Global Emergency centre of activity
18,160 kHz – Global Emergency Centre of Activity
21,360 kHz – Global Emergency Centre of Activity

[東南海大地震対策]非常用電源製作会(第二回目)

名張アマチュア無線クラブの防災対策のご紹介です。

いつ発生するか分からない、いつ発生しても不思議でないと言われる「東南海大地震」への備えとして、名張アマチュア無線クラブでは『非常用電源製作会』を実施しました。

この企画は、去年も実施しましたので、第二回目になります。

非常用電源セット2016-03-27-p1

50W出力のトランシーバーを、太陽光無しでの利用であっても3時間以上は使用できる計算です。

50W太陽光パネルの併用で、日中なら連続使用できます。

平時の移動運用では、ガソリン発電機を使わずに、静かな運用が可能となります。
静かな移動運用の例

日時:2017年7月2日(日) 13:00~16:00

場所:名張市 勤労者福祉会館

参加者:
今回の製作者:JR2TCS、JP3ATM
去年の製作者(オブザーバー参加):JF2NNE、JQ2WKN
事務方:JJ2WNE、JH3JUL、JR2SEY

※名張アマチュアクラブ員の、防災対応非常用電源所有者リスト
JF2NNE、JQ2WKN、JH3JUL、JF2RVJ、JR2TCS、JP3ATM、JR2TDB、JR2SEY

[地震]パプアニューギニア付近 M7.9 2016-12-17 19:51JST

日本時間12月17日19:51頃、パプアニューギニア付近を震源とするM7.9の地震が発生しました。

パプアニューギニアは、たぶん日本と同じ第3地帯です。
アマチュアバンドの非常通信周波数を使用されることもあると思います。
また比較的電波の届きやすい地域ですので、妨害にならないようご注意を。
非常通信周波数:
3.600 MHz (All Modes ± 5 KHz )
7.110 MHz (All Modes ± 5 KHz )
14.300 MHz (All Modes ± 5 kHz)
18.160 MHz (All Modes ± 5 kHz)
21.360 MHz (All Modes ± 5 kHz)
http://www.iaru.org/region-3.html
(お近くは第3地帯が多いです)