【11月8日実施】平成27年度名張市総合防災訓練

名張アマチュア無線クラブは、名張市と「災害時の情報収集に関する協定」を結んでおり、H27年度名張市総合防災訓練に參加します。

名張市防災センターに併設される名張アマチュア無線クラブ局が訓練キー局を運用します。

名張アマチュア無線クラブ員で無い一般局からのご参加も歓迎致します。

是非訓練にご参加をお願いします。

運用キー局コールサイン
JE2YCR/2

運用周波数
① 145.280MHz FM  ② 名張430 D-starリピーター

運用時間
2015年11月8日(日) 9:30 ~ 11:00(予定)

電文
「くんれん くんれん」の前置
・RSレポート
・運用地
・名前
・災害を想定しての道路状況の情報伝達、自身の居場所での安全状況など
・送信出力、アンテナ等の環境情報


参考:(名張市ホームページから)

【11月8日実施】平成27年度名張市総合防災訓練 ~市民が主役の防災訓練~ のお知らせ

更新日:2015年11月06日

11月8日(日曜日)、市民の防災意識の高揚及び防災諸活動の習熟を図るため、
午前9時から「平成27年度名張市総合防災訓練 ~市民が主役の防災訓練~」を実施します。
訓練での避難勧告は、FMなばり、防災ラジオ、防災ほっとメール、緊急速報メール等でお知らせいたします。
なお、緊急速報メールにつきましては、携帯電話をマナーモードにしていても、強制的に鳴動いたしますので、
ご理解とご協力をいただきますようお願いします。

 

名張市総合防災訓練の開催日時・会場

日時 平成27年11月8日(日曜日)午前9時から

会場 名張市防災センター(市災害対策本部設置・運営訓練)

各地域公民館・市民センター等(地域災害対策本部設置・運営訓練、避難所開設・運営訓練)

市内小学校(避難所開設・運営訓練)

鴻之台3号公園(避難地運営訓練)

名張市立病院(災害拠点病院活動訓練)

消防庁舎裏訓練場(消防本部活動訓練、名賀医師会連携訓練)

被害想定

伊賀地方に停滞する前線の活動が活発となり、河川水位が急上昇し避難判断水位に達する。

8日午前9時 市は、名張川、宇陀川、青蓮寺川沿いの地域に避難勧告を発令

15分後に、南海トラフを震源とする巨大地震発生。市内全域で震度6強を観測。

強振動による家屋倒壊や土砂災害の発生、交通・通信網の寸断が危惧される。
また、三重県沿岸部は津波により広範囲に甚大な被害が発生しているため、広域的な支援は沿岸部に集中。
三重県からは沿岸部被災者受け入れと沿岸部支援を行う緊急消防援助隊の中継地としての受け入れ要請があった。

訓練内容

  1. 市災害対策本部設置運営訓練
  2. 避難広報等伝達訓練
  3. 避難訓練
  4. 地域対策本部設置・運営訓練
  5. 避難所開設訓練
  6. 避難地運営訓練
  7. 通信訓練
  8. 災害拠点病院活動訓練
  9. 消防本部活動訓練
  10. 名賀医師会連携訓練

訓練終了後、地域災害対策本部ごとに検証会を行い、今後の防災施策への反映につなげます。

注:各地域で訓練内容が異なります。各地域の公民館・市民センター、もしくは地域の役員の皆さんにお問い合わせください。

訓練の中止について

 台風の接近や特異事象の発生など訓練実施が困難と予想される場合中止の判断を行います。

中止判断の日時

平成27年11月6日(金曜日)午後3時、7日(土曜日)午後3時、8日(日曜日)午前7時
注: 上記以外においても適宜中止の判断を行う場合があります。

訓練中止時の周知方法

  1. FMなばりによる放送11月6日(金曜日)午後4時ごろ、7日(土曜日)午後3時30分ごろ、8日(日曜日)午前7時30分ごろ
  2. 防災ほっとメールによる配信
  3. 地域づくり組織代表者および関係機関への電話連絡
  4. 市政記者クラブへの資料提供
  5. 名張市ホームページおよびフェイスブックによる周知
 注:訓練中止判断日時の30分後に、訓練実施の有無を「名張市火災情報サービス(0595-63-9500)」で配信します。